“しあわせ”って何だろう?
どんなとき、人は幸せと感じるのだろう?

自分なりに幸せと感じたモノ・人・場所との出逢いを紹介し
みなさまに“しあわせ”のおすそ分け・・・
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 失恋の効用 | main | 幸せフレンチ >>
コトバのちから

最近はっとしたことば:

立ち上がって たたみなさい きみの悲嘆の地図を
            (by ウィスタン・ヒュー・オーデン)

ちょうど、自分の身の回りでいろいろなことが起こり、
落ち込んでいたときに出逢ったことばです。
今も辛くなると、このことばを思い出して、気持ちをデトックスします。
単なる文字の連なりが、力をもつ瞬間です。

日本には言霊(または言魂)ということばがありますが、
これは発せられたことばが現実の現象に何らかの影響を与えるという考え方。
それが活字であったとしても、何らかの影響力があるのではないかと私は考えます。
よく、目標達成のためや、自分の考えを整理する際に、
紙に書き出してみると良いと言います。
自分の頭の中や、世の中に漠然とある事象を
ことばにすることによってかたちにするのではないでしょうか。

つまり、しあわせもことばでかたちにできるのではないかと考えたのです。
自分のことばで、誰かを幸せにすることができたら最高かも。

皆さまに幸あれ〜

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bonheur2nico.jugem.jp/trackback/22
TRACKBACK