“しあわせ”って何だろう?
どんなとき、人は幸せと感じるのだろう?

自分なりに幸せと感じたモノ・人・場所との出逢いを紹介し
みなさまに“しあわせ”のおすそ分け・・・
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< シアワセの素 | main | work in progress >>
妖精に願いを

「あなたの好きなもの(嫌いなもの)は何ですか?」
「あなたのしたいことは何ですか?」

そんなの簡単!!と思っていて、
実際に考え始めると答えに詰まってしまう質問。。。
今日は自分の感じることについて目を向ける機会がありました。
ナオミ・ローレンスさんのワークショップです。



ミュンヘンで活躍するイギリス人アーティスト。
彼女の作品は、単にカワイイだけでなく、
ときにシニカルだったり、メランコリックだったり・・・
ひとつひとつの作品にストーリーがあって、いろいろ考えさせられます。
(実は友達に誘われてこのワークショップに参加するまで、
全く知らなかったんだけど。。。)

今日のワークショップは、「自分が感じる事をどうやって表現するか」がテーマ。
3つのステップを経て作品を完成させていきました。

ステップ1:
自分の子供時代に戻ったように、自分がよく描いていたものや
好きだったものを自由に描いてみよう。
ただし、利き手と反対の手を使うこと!!・・・これがなかなか難しい。



とは言え、手でじかに絵の具を塗ってみたり、無造作に色を重たり・・・
気づいたら子供のように楽しく夢中で絵を描いてました。

ステップ2:
ー分が笑顔になれることを思い浮かべて、3色だけ使って
具象的なものは描かずに、色の濃淡・線の流れなどでその気持ちを表現してみよう。
⊆分が嫌なことを思い出して、3色だけ使って同じように気持ちを表現してみよう。

ステップ3:
あなたの前に妖精が現れて、ひとつだけ願いを叶えてくれると言いました。
その願いや、叶ったときの気持ちを表現してみよう。
ただし、「〇〇(自分の名前)は、・・・になりました」というように、
その願いを既に叶った時制で1文にまとめて、絵の中に入れること。



このワークショップを通じて感じたのは、
日常生活で忙しくしていると、自分の好きなこと、本当に欲しいもの、
幸せに感じること、したいことが、一体何なのか・・・果ては
幸せという気持ちがどんなものかさえ忘れてしまっているということでした。
子供の頃って、もっと単純でストレートだったなぁ・・・って。

社会的な繋がりとか、制約を意識するようになって、
自分の気持ちというものを見失いがちになるようです。
大人になると、絵を描くことなんてほとんどしなくなりますが、
たまにはこうやって、ちょっと絵を描いてみるのも良いなぁって思いました。

ナオミの絵を見るだけでも、とってもハッピーになれます☆
是非ご覧あれ〜


展示会:
場所: +casE gallery プラスケースギャラリー (東京)
    東京都渋谷区大山町18-23コートアネックス大山町1F
期間: 2010年10月20(水) 〜 30(土)
    11:00 - 19:00

http://www.casedepon.com/jp/pluscase/schedule/index.html

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bonheur2nico.jugem.jp/trackback/47
TRACKBACK