“しあわせ”って何だろう?
どんなとき、人は幸せと感じるのだろう?

自分なりに幸せと感じたモノ・人・場所との出逢いを紹介し
みなさまに“しあわせ”のおすそ分け・・・
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ご縁があるよ!? | main | あれから1ヵ月・・・ >>
替えましょう、替えましょう
JUGEMテーマ:日々徒然

鷽替え(うそかえ)神事という行事をご存知ですか?
鷽は、雀より一回り大きい鳥で、首から頬にかけて
美しい紅色、背や腹はねずみ色、頭と尾が黒く
きれいな声で鳴く鳥だそうです。

鷽(うそ)が「嘘」に通じることから、
毎年新しいうそ鳥に替えると、これまでの悪い事が
“うそ”になり一年の吉兆を招き開運・出世・幸運を得ることができるとか、
人が知らず知らずのうちにつく「嘘」を鷽に託し、
神様の「誠」のこころに替えてもらえるなどと信仰されてきました。
江戸時代には、多くの人が集まり、本物の鷽を取り替える
習わしがあったようですが、現在は、全国の特定の神社で、
木彫りの鷽を古いものと取り替えるという行事になっています。
有名なのは、太宰府天満宮・・・東京だと、亀戸天満宮や
湯島天神などで行われています。
開催日もまちまちですが、亀戸は1月24・25日、湯島は25日から。
ことしは平日だったので、無理かなーと思っていましたが、
出社前に行けば良いのでは?と思い立ち、朝から湯島へ。
古い鷽を納めて、新しい鷽をいただきました。(写真は、小500円)



亀戸に立ち寄る予定の知人にお願いして、亀戸のも初入手!
亀戸のほうが、サイズ展開が豊富ですが(笑)大人気のせいか
今日の午後には最小の木鷽は売り切れだったそうで、
携帯用の超ミニサイズのを買ってきてくれました。

太宰府天満宮では、今でも「替えましょう、替えましょう」と言って、
自分で買った鷽を人と交換するそうです。
というわけで、私も知人と鷽の交換。
今年はホントにしたい嘘が1つあるので、是非鷽たちに頑張ってもらわないと。。。

ちなみに、湯島の鷽は、毎年1週間ほどで売り切れるそうですので、
まだ残りがあるかも。

皆さまに幸あれ〜
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bonheur2nico.jugem.jp/trackback/56
TRACKBACK